序章
獣達が世に終わりをもたらす時
冥き空より女神が舞い降りる
光と闇の翼を広げ
至福へと導く贈り物とともに

第一章
深淵の謎
それは女神の贈り物
我等は求め飛びたった
彷徨続ける心の水面に
かすかなさざなみをたてて
三人の友は戦場へ
一人は捕虜となり
一人は飛び去り
残った一人は英雄となった

第二章
明日をのぞみて散る魂
誇りは潰え
飛びたとうにも翼は折れた
憎しみのない祝福とともに
君は女神に愛された
世界を癒やす英雄として

第三章
君よ飛びたつのか
我等を憎む世界へと
待ち受けるはただ過酷な明日
逆巻く風のみだとしても
復讐にとりつかれたる我が魂
苦悩の末に
たどりつきたる願望は
我が救済と
君の安らかなる眠り

第四章
君よ因果なり
夢も誇りもすでに失い
女神引く弓より
すでに矢は放たれた
君よ希え
命はぐくむ女神の贈り物を
いざ語り継がん
君の犠牲
世界の終わり
人知れず水面を渡る風のごとく
ゆるやかに確かに
約束のない明日であろうと
君の立つ場所に
必ずに舞い戻ろう。

最終章
星の希望の雫となりて
地の果て
空の彼方
はるかなる水面
ひそかなる牲となろう。

黒子のバスケ長篇

合計:879
[ブックマーク|教える]
美少女 広場
ホムペ編集 ホムペ作成


                 
©ecaco