メバルの脈釣り
メバルの脈釣りは、のべ竿に道糸とハリスと釣り針を直結して、メバルの当たりをダイレクトに感じながら釣る方法です。

1.竿
 竿は、穂先が柔らかく胴がしっかりしたものを選びましょう。

 メバル釣り専用ののべ竿がありますので、予算に相談して選びましょう。

お勧めの竿
2.針
 針は、メバル釣り専用針か渓流バリが良いと思います。

 サイズは、7号〜9号が良いでしょう。食いが悪い時には、小さめの針を使用した方が良いです。

3.エサ
 エサについては、一般的には、青虫や藻エビを使用します。

4.釣り方1
 防波堤際、沈みテトラや岩礁等メバルが隠れていそうな場所の周りから探ります。

5.釣り方
 まず、餌を目的の場所に静かに落とし、ゆっくりと沈めていきます。

 メバルの当たりがない時は、ゆっくりと水の流れに沿って横に移動させ、メバルを誘います。

 コツンと当たりあり、1か2呼吸置くとクーとメバルの引きがあり、同時に合わせをします。メバルは向こう合わせが基本です。

メバルの脈釣りは、基本的な釣り方ですが、釣りを早く上達したい人にお勧めです。

ネットで釣り具を通販しているお店です。


HOME

倖田來未 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco