アイナメのぶっこみ釣り
 アイナメのぶっこみ釣りとは、岩場の海へ仕掛けを投げ投げ込んで釣る方法ですので、当然、根がかりを覚悟しなけらばなりません。

 そこで、根がかりの被害を最小源にする仕掛けと釣り方を紹介します。

1仕掛け
@道糸に三又サルカンを繋ぎます。

A道糸を結んだ反対側のサルカンの穴にハリスを結びます。
 この時、ハリスの太さは、道糸より1号ほど細くします。

Bサルカンの真ん中の穴にハリスと同じ太さの20cmほどの糸を結び、その先にオモリを結びつけます。

C根がかりするのは、釣り針かオモリですので、万一、どちらかが引っ掛かっても道糸より他の糸の方が細いので、釣り針かオモリのどちらかは残りますので、仕掛けの直し時間が短くて済みます。

2釣り方
@仕掛けを海に投げ込み、仕掛けが海底についたら、糸を少し巻き戻し、糸が張る状態にして、竿をスタンドにかけ、アイナメがかかるのを待ちます。

A当たりがない時には、リールを巻いて仕掛けを移動します。

Bこの時、単純に仕掛けを引きずるように巻いてはいけません。すぐに、根がかりしてしまいます。

C根がかりっを防ぐために、手首のグリップを利かせ竿を引き、仕掛けを浮かせてから、リールを巻きます。

Dアイナメが釣れた時は、アイナメが岩の間に入り込まないように素早く巻きあげます。
 この時、竿を立ててリールを巻くとアイナメが岩に潜り込みにくくなります。

ネットで釣り具を通販しているお店です。


HOME

テニプリ ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco