@ウォーキングをするときには、背筋を伸ばして姿勢を正しくして、少し遠くを見るようにしながら歩きましょう。

A腕は力を抜いて大きく振りましょう。しかし、あまり意識しすぎて不自然に降ると肩などが凝ってしまう時がありますので、気をつけましょう。

B足を着地するときには、踵から着地するようにします。そして、足の裏全体に体重をのせて、次に、つま先で蹴りだすように地面から足を離します。

 このとき、ガニ股で歩いていたりすると、関節を痛めることがありますので、足のつま先は進行方向に対して真っ直ぐ前に向けて歩くようにしましょう。

C足に痛みを感じる時には、無理をせずにウォーキングを休みましょう。

HOME

乙女 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco